森トラなど東京ワールドゲートに自営運営カフェ

森トラストと森トラスト・ホテルズ&リゾーツはこのほど、森トラストが開発を手がけた街区「東京ワールドゲート」(東京都港区虎ノ門)の核となる大規模複合ビル「神谷町トラストタワー」(地上38階、地下3階)1階に、カフェ「Café & Bakery GGCo.神谷町」(以下GGCo.神谷町)をオープンした。  

「GGCo.」は、森トラスト・ホテルズ&リゾーツが運営するカフェブランドで、神谷町エリアで手掛ける自営の飲食店舗として4店舗目となる。  神谷町トラストタワーは建築家・隈研吾氏の設計。GGCo.神谷町は、その1階オフィスエントランス内に位置する。カフェのオープンにより、働く人たちのための快適な環境をハードとソフトの両面でサポートし、神谷町エリアの更なる賑わい創出を図る。  

東京ワールドゲートは東京メトロ・日比谷線および神谷町駅に直結する。オフィス、会議場、産業育成施設、レジデンス、ホテル、サービスアパートメント、外国人対応医療施設、ショップやレストランなどがある。08年1月に「虎ノ門パストラルホテル」取得後、16年10月着工、20年3月に竣工した。  同社グループは18年以降、カフェ・レストラン事業を本格化し、現在、全国26棟のホテル内などに68店の飲食店舗を展開している。

<出典:住宅新報>

2020年11月30日