不動産投資型クラウドファンディングをOEM提供へ FANTAS

FANTAS technology(東京都渋谷区)は、不動産特定共同事業法第一号事業や電子取引業務許可に基づく「不動産投資型クラウドファンディングサービス」を提供したい企業向けに、OEM(相手先ブランドで開発)による提供を2020年11月27日に開始した。サービスサイトのシステム開発からデザイン制作、運用コンサルティングやデジタルマーケティングによる広告代理まで、一式をパッケージングした。  

同社が2年間にわたり113案件を提供・運営してきた同様なサービスのノウハウやシステムを生かす。費用面や開発期間の長期化を嫌気して二の足を踏む企業の事業参入を後押しする。

<出典:住宅新報>

2020年12月07日