コロナ禍自主隔離者の受け入れ可能な空き家など募集 グランディズム

旅行代理店のグランディズム(東京都中野区)は、コロナ禍の中で、海外からの帰国者や来日者の支援として、PCR検査済み(陰性)者の2021年3月1日からの受け入れが可能な、民泊・旅館・ホテルの空き家の募集を2021年2月5日に始めた。

募集条件は、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)に立地するワンルームから一軒家の空き部屋とし、キッチン・調理器具・家具家電を備え、賃借期間は2週間(自主隔離期間)、5万円から15万円程度の借上げを設定している。

<出典:住宅新報>

2021年02月22日