千葉・八千代に物流施設 関電不動産が開発

関電不動産(大阪府大阪市)が千葉県八千代市吉橋で開発している物流施設が、このほど着工した。入居テナントの募集を既に始めており、22年1月の開業を予定している。  

同施設は、工場や物流施設が集積された工場団地に立地。都心までの所要時間は自動車で約1時間で、最寄り駅の東葉高速鉄道八千代緑が丘駅からは徒歩8分の距離。施設内は1、2階の2フロアにトラックバースを設け、荷物のスムーズな入出庫が可能な設計とした。同施設は、同社にとって関東圏で2物件目の物流施設。今後も不動産開発を積極的に推進していく方針だ。

<出典:住宅新報>

2020年10月05日