倉庫や事務所付倉庫の基幹商品を販売開始 大東建託

大東建託は、倉庫や事務所、事務所付倉庫などの用途に対応する、2×4(ツーバイフォー)トラス工法(木造)を採用した新商品「DK HUT」(ディーケーハット)の販売を9月に開始した。自宅敷地内にシーズン物の一時的な保管場所や、農機具の保管場所などが欲しいといった要望の声に応える。  

同社では従来、倉庫の基幹商品がなく、個別設計で提案してきた。今回の新商品の開発では9種類のモデルプランを用意しており、今後は顧客の敷地や用途に合った倉庫を迅速、低コストで提供できる。同工法は、ツーバイフォー材を使用したトラス梁(複数の三角形の集合体で構成する屋根支持材)を設置することで、木造でありながら柱や壁を必要としない大空間を実現するという。

<出典:住宅新報>

2020年10月05日