免震住宅新工法で特許共同出願 ファーストC・東京理科大ベンチャー

マンション建設のファーストコーポレーション(東京都杉並区)と、東京理科大学の認定ベンチャー企業であるサイエンス構造(東京都新宿区)は、建築構造物の「新構造システム」として、新たな免震集合住宅工法の「ZENAS(ジーナス)工法」を開発し、2020年10月16日に特許と実用新案を共同出願した。  

現在のRC造の一般的な集合住宅や超高層住宅でワイドスパンとされるのは7メートル以上ということを前提に、今回の新工法では、柱間をワイドスパン、または、12から14メートル、それを連接する24メートル以上の大スパンとする架構構造とした。そのため、敷地形状や方位に応じた換気・環境・採光に優れる安全・安心な免震集合住宅を、容易でバリエーション豊富に設計でき、従来工法に比べてコンクリート型枠の使用量を抑えるという。今後、実物大の建物の一部を再現し、1年程度で実証実験する。

<出典:住宅新報>

2020年10月26日