借入可能額を把握して、スムーズな住宅購入へ アルヒとiYellが連携

アルヒは10月21日から、iYellが提供する住宅ローン手続き専用スマホアプリ「いえーるダンドリ」の新機能「スピード事前審査サービス」に同社の「家探し前クイック事前審査」を連携した。  

「家探し前クイック事前審査」は、アルヒが独自に開発・提供する住宅ローンの簡易事前審査サービス。購入物件を決定する前に、運転免許証の写真アップロードと8項目の入力だけで「ARUHIフラット35」を基準とした借入可能額を把握できるため、スムーズな住宅購入を可能にしてきた。  

「いえーるダンドリ」は、住宅ローン選定や融資実行までに発生するタスクやスケジュール管理ができるサービス。今回、「家探し前クイック事前審査」を同サービスの「スピード事前審査サービス」に連携させることで、ユーザーや不動産事業者はあらかじめ借入可能額を把握した上での家探しが可能となる。  

アルヒとiYellは19年8月に業務提携の基本合意書を締結していて、iYellが有する不動産事業者ネットワークからの送客を今年2月から開始している。今回の取り組みにより、送客事業の更なる強化と住宅ローン申し込み件数増加を目指す。

<出典:住宅新報>

2020年10月26日