「日管協フォーラム2020」の参加者募集を開始

日本賃貸住宅管理協会(日管協)は、日管協内の主要な委員会によるセミナー形式で賃貸住宅に関わる最新情報などを提供する毎秋恒例のイベント「日管協フォーラム2020」を11月10日に開催するにあたり、参加者の募集を始めた。例年、全国各地から3000人以上が参加しており、今回は初の試みとして全21セミナーをオンライン形式で開講する。日管協HPのウェブフォーム(https://forum.jpm.jp/)で2020年11月6日まで視聴の申し込みを受け付けている。  

セミナーのテーマには、2020年6月に成立した賃貸住宅管理業法や、コロナ禍での市場動向や賃貸管理業への影響、不動産テック、ニューノーマル(新常態)、DX(デジタルトランスフォーメーション)などを用意している。参加費は日管協の会員は無料、一般は1人1万円。

<出典:住宅新報>

2020年11月02日