LGBTや事実婚カップルなどパートナーシップ宣誓制度導入 松戸市

千葉県松戸市は、多様な性の在り方と生き方を尊重して地域の共生社会を実現するため「松戸市パートナーシップ宣誓制度」を2020年11月1日に導入した。LGBTなど性的少数者や事実婚などカップルの宣誓を基に証明書や証明カードを発行する。市営住宅への入居申請が可能で、民間団体に対しても賃貸住宅への入居などに理解を求めて普及啓発していく。

<出典:住宅新報>

2020年11月17日