オリックス銀らと協働、初のZEH-M認証取得 シーラ

投資用マンション関連事業を展開するシーラ(東京都渋谷区、湯藤善行社長)はこのほど、オリックス銀行(東京都港区芝、錦織雄一社長)および新英興業(東京都北区、山口英社長)と協働し、東京都北区田端新町の投資用ワンルームマンション「(仮称)田端プロジェクト」(全51戸)において「ZEH-M Oriented」の認証を取得したと発表した。シーラの開発する物件が同認証を取得するのは初めて。

今回の取り組みでは、物件の「ZEH-M Oriented」化に要するコストや、ローンにより同物件を購入する顧客を、オリックス銀が金融面で支援する。新英興業は物件の施工を担当した。竣工は23年12月末を予定している。

<出典:住宅新報>

2022年04月04日