車中泊と不動産の融合で「動く住まい」提供へ Carstay

マッチングプラットフォーム運営のCarstay(東京都新宿区)は、キャンピングカーなどの車を「動く家」として、その車両を置く駐車場の敷地内や近隣不動産の家屋などで水道などの生活基盤も享受できる融合サービス「バンライフ・ステーション」の提供を2021年1月15日に開始した。既に全国で12拠点を置いており、家屋などを保有している運営希望者の公募も全国を対象に始めた。空き家活用などでも注目されそうだ。  

固定された家の「不動産」と、車中泊仕様の車の「可動産」の融合拠点となる。車は利用者の部屋として活用してもらい、駐車場など同じ敷地内や近隣の家屋でキッチンやダイニング、シャワー、洗面所などの設備、郵便受けなどを共同で利用できるようにして、ワーケーションやテレワークにも対応する。

<出典:住宅新報>

2021年01月25日