「フラット35」1月・最頻金利が5カ月ぶりに低下 住金機構

住宅金融支援機構は1月4日、取扱金融機関が提供する住宅ローン「フラット35」(買取型)の1月の適用金利を発表した。最頻金利が5カ月ぶりに低下した。

融資率が9割以下の場合、借入期間21年以上の金利は年1.300%(前月比0.030ポイント低下)~年2.210(前月と変わらず)。取扱金融機関が提供する金利で最も多い最頻金利は年1.300%(同0.030ポイント低下)。

同20年以下の金利は、年1.180%(同0.030ポイント低下)~年2.090%(前月と変わらず)。最頻金利は年1.180%(同0.030ポイント低下)。

一方、融資率が9割超の場合、同21年以上の金利は年1.560%(同0.030ポイント低下)~年2.470%(前月と変わらず)。最頻金利は年1.560%(同0.030ポイント低下)。

同20年以下の金利は年1.440%(同0.030ポイント低下)~年2.350%(前月と変わらず)。最頻金利は年1.440%(同0.030ポイント低下)となる。

<出典:住宅新報>

2022年01月10日