介護業同士でサービス連携・相互送客 アンビスHD・ネクサスケア

医療・介護関連サービス提供のアンビスホールディングス(東京都中央区)の子会社アンビス(同住所)は、有料老人ホーム運営のネクサスケア(横浜市西区)と2021年1月19日に提携し、新たなスキームで住宅型有料老人ホーム「医心館」の新規開設を始める。  

新スキームは、アンビスホールディングスの子会社である、明日の医療(東京都中央区)が企画し、医療機関や介護施設と連携した訪問介護事業や入居者の相互紹介を実施する。  

具体的には、ネクサスケアが運営する「ネクサスコート本郷」(東京都文京区)の地上9階部分のうち、3階から5階部分で2021年4月をめどに全フロアをリニューアルして「医心館」を開設し、訪問介護サービスを提供する。ネクサスケアの有料老人ホーム入居者と、訪問介護サービス利用者は対象が違うため、相互送客に期待できる。利用者は医療依存度が高い場合でも、介護サービスについても利便性よく受けられる。

<出典:住宅新報>

2021年02月01日