サービスアパートメント事業に新規参入へ  帝国ホテル

帝国ホテル東京は、新規事業として、サービスアパートメント事業を2021年2月1日に開始した。同日、同年3月15日からの利用予約の受付を始めた。ホテルのリソースを活用して旅館業法に基づき、ホテル内サービスアパートメントの新しい住み方を提案する。エグゼクティブ層を中心に「第2の仕事場」などとして利用を訴求する。  

同ホテル・タワー館の客室3フロアの一部を改修し、99室のサービスアパートメントとした。一般的なサービスアパートメントと違い煩雑な契約手続きがなく、都心での生活を気軽にスタートできる。客室内にキッチンや大型冷蔵庫などはないため、専属サービスアテンダントが24時間対応し、食事や洗濯などはサブスクリプション方式で提供する。利用料金はスタジオタイプ(約30平方メートル)で月額36万円(税込み・サービス料金込み)で提供する。最低宿泊日数は5泊からで15万円(同)。ホテル内の設備の駐車場やフィットネスセンター、プールやサウナ、予約制でミーティングルームなども使える。

<出典:住宅新報>

2021年02月15日