愛知・一宮で県12拠点目のMT型物流施設を稼働開始、大和物流

大和ハウスグループの大和物流(大阪市西区、木下健治社長)は6月1日、愛知県一宮市で県内12番目の拠点として開発していた物流施設「一宮物流センター」の稼働を開始した。同社は、愛知県を中心に中部エリアの物流基盤強化を図っており、同施設の開設により、愛知県内の拠点の総延床面積は、17万6582・31平方メートルとなった。

同施設は、名古屋高速16号一宮線「西春IC」から約1・5キロ、名古屋第二環状自動車道「清洲東IC」から約4キロに位置する敷地1万1272・62平方メートルに、延べ1万7437・13平方メートルの低床式3階建てを建設した。名古屋市内の30分圏内であるとともに、「一宮IC」から約2・4キロの名神高速道路へのアクセスにも優れ、中部エリアのみならず、東西広域への交通利便性も高い名古屋への市内配送と広域輸送を両立する立地であることから、交通利便性と充実した施設仕様を生かし、中部エリアに拠点を置くメーカーや流通業者向けの3PL拠点として大和物流が運営する。

低床式ホームで、1平方メートルあたり床荷重2・0トンの仕様を採用することで、建材や機械などの重量物にも対応可能な仕様としたほか、3層の倉庫内でトラックバース※4直結の貨物用エレベーターと垂直搬送機を活用し、効率的な荷役業務の推進を図った。

また、環境に配慮し、全館LED 照明を導入したほか、23年8月には、年間予定発電量約69万キロワット相当のソーラーパネル敷設を開始する予定だ。

<出典:住宅新報>

2022年06月13日