千葉県八千代市で関東2件目の物流施設竣工 関電不動産開発

関電不動産開発はこのほど、千葉県八千代市で開発を進めていた物流施設「「KRD-LOGISTICS八千代」を竣工した。同社として、関東エリアにおける2物件目の物流施設。

同施設は、工場や物流施設等の集積する同市吉橋字内野の工場団地内に所在し、東葉高速鉄道八千代緑が丘駅から徒歩8分の立地。敷地面積は約1万4800平方メートル、建物は4階建てで延べ床面積が約3万1200平方メートル。都心まで自動車で1時間というアクセス性のほか、トラックバースを1、2階の計2フロアに設けて搬入出の効率性を高めた建物設計などで訴求力向上を図っている。

<出典:住宅新報>

2022年01月10日