長谷工がAIによるマンション設計を共同研究

長谷工コーポレーションのデジタルテクノロジーラボはこのほど、次世代設計システムでのAI技術の活用を図るため、ディープラーニング(深層学習)を用いた画像認識・生成技術に強みをもつインキュビット(東京都渋谷区)と共同研究を開始した。共同研究では、長谷工のマンション設計に関する知見や過去に設計してきた膨大な図面データと、インキュビットのAI技術、特にディープラーニングに関する知見や技術を組み合わせることにより、自動設計やAI設計の実現可能性を探る。長谷工は、長谷工版BIMを核とする次世代設計システムの活用を図っており、今後も外部の研究機関や企業などと連携していく方針だ。

<出典:住宅新報>

2021年03月21日