働く空間をクラウド上で制御するシステムで実証実験 日建設計など

日建設計(東京都千代田区)など6社は、人感センサーや空調、照明などの機器を連携させてクラウド上で制御し、これらをAIで解析することで、物の位置や空間の利用状況、人の動きなどに合わせた働く空間の有効活用と室内環境の最適化を実現するため、実証実験に2021年3月10日に着手した。  

コロナ禍により、個人の状況に応じて働く場所を自由に選択する「ABW」(アクティビティ・ベースド・ワーキング)という観点が今後加速度的に浸透すると考え、室内空間の中で使われていないスペースや不足しているスペースが発生しないように、空間利用の「需給」を一致させる仕組みをつくる。  

これまでに実際のオフィスを活用し、人の動きに追従して作動する照明制御の運用を開始している。今回からは、クラウド型のビル一元管理システムによる空調制御とAIを組み合わせて実験する。実験参加企業は日建設計のほか、協和エクシオ(東京都渋谷区)、WHERE(東京都千代田区)、オムロン(京都府京都市)、神田通信機(東京都千代田区)、X1Studio(東京都港区)の計6社。

<出典:住宅新報>

2021年03月21日