不動産鑑定士短答式試験に468人が合格、合格率は33.1%

国土交通省土地鑑定委員会は9月9日、7月26日に行われた20年不動産鑑定士試験短答式試験の合格者を発表した。

それによると、今回の受験者数は1415人で、468人が合格。合格率は33.1%となっている。合格者の内訳は男性が410人、女性は58人。年齢別に見ると、平均年齢は38.0歳で、最高齢は76歳、最年少は19歳だった。  合格点は総得点の66.25%以上(科目別に設定された必要最低得点比率を満たさない者は除く)で、平均得点比率は59.0%。合格者は10月17日から19日までの3日間で行われる論文式試験を受験できる。

同短答式試験は新型コロナウイルス感染症の影響により、実施時期を当初予定の5月から延期。論文式試験も同様に8月から10月へと延期している。また今回の合格者発表についても、同感染症拡大防止の観点から同省における掲示は行わず、同省ホームページへの掲載と官報での公告で発表することとした。

<出典:住宅新報>

2020年09月14日