「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」で共同宿泊企画

三井不動産と三井不動産ホテルマネジメント、ガルテン(東京都渋谷区、村上萌代表取締役)は、「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」(東京都新宿区)において、“日常の延長線にある、だけど、ずっと叶えたかった暮らし”を提案する「NATIVE STAY」プロジェクトをスタートする。

ガルテンが運営する「季節の楽しみと小さな工夫で、理想の生活を叶える」をコンセプトに掲げるコミュニティメディア「NEXTWEEKEND」との共同企画で、「香る」「飲む」「食べる」「楽しむ」「整える」「過ごす」の6つのコンテンツがセットになった宿泊プランを展開。「土地と自然に根付いて暮らすこと」、「植物の香りや、生活の周辺を楽しむこと」、「機嫌良くいられる方法を知っていること」を五感で楽しめる内容となっている。

1月11日(火)~3月31日(木)まで期間限定で、「NATIVE STAY」宿泊プラン(2名1万7300円<税込>~、1日5室限定)の提供に加え、平日3日間(火曜日・水曜日・木曜日)は「NATIVE STAY」宿泊プラン以外を選択した顧客にも「NATIVE STAY」を体験可能なコンテンツを用意する。

<出典:住宅新報>

2022年01月10日