滋賀県湖南市の物流施設を建て替え、床面積を5倍に拡大 大和物流

大和ハウス工業グループの大和物流は5月31日、滋賀県湖南市朝国で物流施設「滋賀物流センター」の建て替え工事を完了した。同センターは本棟を従来の平屋建てから3階建て(鉄骨造)に建て替え、延べ床面積は別棟と合わせ、従来の5倍に当たる1万8788平方メートルに拡大した。  

滋賀県は北陸、中京、京阪神の経済圏を結ぶ交通の要衝に当たる。同センターは工業団地「湖南工業団地」に隣接、名神高速道路「竜王IC」から約10キロ、「栗東湖南IC」から約11キロに位置し、国道1号へのアクセスに優れている。  

トラックバースは低床式ホームを採用し、建材や電気機械といった重量物の取り扱いに最適な仕様を施した。床荷重は1階が1平方メートル当たり2.0トン、2、3階が同1.5トンとなる。

<出典:住宅新報>

2021年06月07日