不動産向け多言語対応ツールに一覧表示などの新機能 PID

PID(東京都港区)は、16言語に対応している不動産向け多言語コミュニケーション・管理ツール「Dicon」の新たな機能として、「ボード」と「CSV管理」を追加して提供を始めた。  

「ボード」ではチャットの問い合わせ状況を件名別に一覧で確認できる。問い合わせごとに「未対応」「対応中」「対応済み」「完了」の段階に表示エリアを分けられる。「CSV管理」では、名前や部屋番号、電話番号などのオーナーや入居者の基本情報をまとめて追加・更新でき、CSV形式のため、既存の基幹システムにデータを容易に移行できる。

<出典:住宅新報>

2021年06月07日