相続支援コンサルタント講習、募集開始 日管協

日本賃貸住宅管理協会は6月1日、21年度の「相続支援コンサルタント講習」と「上級相続支援コンサルタント講習」の募集を始めた。今期で12期目を迎え、相続問題のなかでも特に課題となる不動産に特化したカリキュラムで構成されている。  

相続支援コンサルタント講習はeラーニングで、試験のみ会場で実施する。9月1日~11月16日の期間内であれば何回でも受講可能。受講料は会員が8万8000円、一般が17万6000円(税込、テキスト・受験費込)。  

上級相続支援コンサルタント講習はウェブ会議システムのzoomで行われる。受講期間は8月~11月で、木曜コースと金曜コースの2種類。全6回の講義と認定試験(12月)を実施する。受講料は会員が11万円、一般が22万円(税込、テキスト・受験費込)。

<出典:住宅新報>

2021年06月07日