東京都 空き家発生の抑制対策として2件の民間事業者を採択

東京都は6月9日、21年度の「民間空き家対策東京モデル支援事業(空き家の発生抑制対策)」として2件の事業を採択した。  

採択事業は一般社団法人空き家活用推進協会の「空き家相談員の養成と専門家の連携した相談体制の拡充」と、株式会社スピークの「下町エリアにおける高齢者サポート事業者と連携した空き家予備軍へのアプローチ」。  

同支援事業には3者から計4件の応募があり、実現可能性や発展性を考慮し、今回の2件が採択された。

<出典:住宅新報>

2021年06月14日