森ビル 虎ノ門ヒルズなどで約10万人対象に職域接種

森ビルは、6月21日から虎ノ門ヒルズ、六本木ヒルズ、アークヒルズを接種会場として、新型コロナウイルスワクチンの「職域接種」に協力することを決定した。  

接種対象者は、同社および同社グループ会社の社員とその家族(約7000人)に加えて、当社施設の管理・運営に関わる協力会社のスタッフや、テナント企業のワーカー、住宅居住者、商業店舗で働くスタッフなど合計約10万人とした。政府より配布されるモデルナ製ワクチンを使用する。  

3会場の中で最も規模の大きい虎ノ門ヒルズは、土日は港区の大型の住民接種会場として提供し、平日の職域接種と併せて利用する。

<出典:住宅新報>

2021年06月21日