賃貸仲介の接客から契約までの顧客データを連携可能に イタンジ

不動産テック企業のイタンジ(東京都港区)は、賃貸不動産仲介会社向け顧客管理・自動物件提案システム「ノマドクラウド」と、不動産関連ウェブ申込受付システム「申込受付くん」のシステム連携を始めた。約15万件の賃貸物件を対象に、初回の接客から契約までの一連の顧客データを連携できるようにした。

賃貸仲介会社は、入居希望者の初回の接客から契約手続きまでを同一画面上で管理できる。一方の入居希望者は、問い合わせもしくは来店時に入力した名前や住所などの情報について、入居申込・契約時に再度入力をする手間を省ける。

<出典:住宅新報>

2021年10月04日