京都、築60年の学生寮をソーシャルアパートメントに1棟リノベ リノベる

リノべる(東京都港区)は、京都市上京区にある築60年の鉄筋コンクリート造の元学生用単身寮をソーシャルアパートメント「ネイバーズ京都二条城」として再生し、6月26日に開業する。同プロジェクトにおいて、同社は収支計画を含む事業企画の立案、企画、設計・監理および施工、運営者アレンジメントを担当し、運営はグローバルエージェンツが行う。  

単身寮のため各居室が非常にコンパクトであることが利活用の課題となっていた。しかし、これを逆手に取り、専有部は機能を最小限にまとめ共用部を充実させることで、居住者同士の交流へのニーズに応える共同住宅を提案。現行法では実現できない6階建ての躯体と豊かな眺望を生かしたリノベーションが採用された。屋上には京都市街を一望できるデッキスペースを設置し、世界遺産の二条城に面した立地と既存の高さを最大限活用した。  

敷地面積は441.72平方メートル、延床面積は1523.30平方メートル。地上6階建て、鉄筋コンクリート造。戸数は54戸。専有面積は13.29~19.74平方メートル。

<出典:住宅新報>

2021年06月28日