コロナ禍で不動産の売却までの期間が短縮 Speee調べ

Speee(東京都港区)は、運営する不動産一括査定サイト「イエウール」(https://ieul.jp/)と、不動産会社の口コミ・評判サイト「おうちの語り部」(https://ouchi-ktrb.jp/)を通じて全国1000人の不動産売却経験者を対象に行った、コロナ禍での不動産市場動向に関する調査結果をまとめ、不動産売却に掛かる期間が短くなっていることが分かった。  

コロナ禍感染拡大の直前の回答と、コロナ禍の期間の回答を比較したところ、売却までの期間が従来の4カ月間近くから、3カ月間近くに短縮している(グラフ参照)。売却検討者は、「売却までに時間が掛かるかもしれない」「長期的に資産価値が下がるかもしれない」といった漠然とした不安感などから、行動が変容しているようだ。

<出典:住宅新報>

2021年07月12日