JSB、高齢者住宅周辺に「収納シェア」

学生マンションの企画開発や高齢者住宅事業を手掛けるジェイ・エス・ビー(京都府京都市)は7月6日、運営する高齢者向け住宅14棟の周辺で、自宅や店舗の空きスペースを活用した「収納シェア」「地域交流」に関する実証実験の開始を発表した。空きスペースを持つ個人・法人と、荷物を置きたい人をつなげる収納スペースのシェアリングエコノミーサービスである「収納シェア」を提供するLIFULLSPASE(東京都千代田区)と協定を結んだ。  

ジェイ・エス・ビーによると、高齢者住宅への入居検討者からは所有する自宅の処分や活用について相談を受けることが多く、一方、地域住民にとっては住宅地という立地のためトランクルームなどを確保しにくい状況があるという。こうした課題を解決すると共に、荷物の受け渡しを通して地域内交流の機会につなげる。

<出典:住宅新報>

2021年07月12日