野村不HD、不動産関連システム会社を子会社化

野村不動産ホールディングスは、住宅部門の株式会社プライムクロス(東京都新宿区、上羽健介代表取締役)が1月14日付で、武蔵株式会社(東京都港区)の全株式取得し、子会社化したと発表した。武蔵は不動産関連システム開発企業で、資本金は2500万円。住宅物件情報をマルチデバイスで一元管理・展開するクラウドシステム「マルチユース」が主力商品となっている。プライムクロスは、不動産分野におけるインターネット広告代理事業を展開している。

野村不HDは、子会社化を通じて、不動産仲介事業者へのソリューション強化、新築マンションデベロッパーを含む不動産会社全般へのシステム開発、顧客情報や物件情報のデータ活用支援などを実施。データマネジメントとデジタルマーケティングの融合による不動産DXを推進する。

<出典:住宅新報>

2022年01月24日