MR(複合現実)で室内の足場安全教育システム開発 杉孝・積木製作

仮設機材レンタルの杉孝(横浜市神奈川区)と、MR(複合現実)制作の積木製作(東京都墨田区)は、屋内でも「足場」の安全点検を訓練できる「SUGIKO MR 足場安全教育コンテンツ」を共同開発した。講師と5人の受講者の計6人が同時に接続でき、同一の実寸大の3Dモデルを共有しながら、足場点検の方法や不安全箇所を探す訓練などを事務所にいながらにして行える。

MR技術により、現実世界に仮想空間を生成して、特殊な画像カメラなどを通じて体感できる。新入社員や経験の浅い職人向けの教育システムとして活用できる。実寸大の脚立、作業台やデジタル模型などを室内に仮想的に構成し、コンピュータグラフィック動画も機器上で再生しながら安全に効率的に訓練できる。

<出典:住宅新報>

2021年07月19日