AIが「ネット炎上」を監視する最新ツールの提供開始 シエンプレ

デジタル・クライシス事業のシエンプレ(東京都渋谷区)は、AI(人工知能)によりインターネット上の「炎上」などのリスクを検知するネット評判監視ツール「モニタリングDX」の提供を始めた。瞬時に自動でネガティブ・ポジティブ情報を判定し、投稿内容のカテゴリ分析や分類まで行う。

従来の企業での、リアルタイムに対応できない、委託業者の作業の質に疑問がある、モニタリング業務に時間がかかる、またはそもそもその時間がないといった声に応える。インターネット上の流行などをチェックしたいマーケティング担当者も使える。

<出典:住宅新報>

2021年07月19日