三井不と富山大 商業施設内にアート&デザインコミュニティスペース

三井不動産と国立大学法人富山大学は、商業施設「三井アウトレットパーク 北陸小矢部」(富山県小矢部市)内に、デザインワークショップやギャラリーを展開するアート&デザインコミュニティスペース「Meets GEIBUN」を8月3日にオープンする。同スペースを活用した学生作品の展示やデザインワークショップなどを開催。今年度は、「アート&デザインによる魅力の場創りと文化創造活性化の研究」と題した共同研究を行う。両者は、商業施設内のパブリックスペースを通じて、アート&デザインの観点から地域における魅力的な場づくりと文化創造の活性化を目指す。  

同スペースで、8月3日~18日まで企画展(「GEIBUN SOCKS展(仮称)〈SUKENO ×GEIBUN×富山県総合デザインセンター〉」)を開催。GEIBUNの授業「デザイン展開(プロダクトデザイン実習)」で取り組んだ地域連携授業の成果展示と共に、公開プレゼンテーションを実施する。  

両者は、18年から「北陸小矢部」において連携を開始し、19年には組織的連携協力協定を締結。地域の発展、活性化を目的とした共同研究・調査を行っており、4人の教授・准教授が、学生と共に実証実験や研究発表を実施してきた。

<出典:住宅新報>

2021年08月02日