辻堂でインキュベーション機能持つシェアオフィス開設 undone

地域活性・イノベーション創出事業などを手掛けるundone(神奈川県藤沢市、相澤利春社長)は9月、同市辻堂エリアにシェアオフィス「U-Port Shonan」を開設する。8月7日に問い合わせや入居申し込みの受付を開始した。

同社は、同オフィスを「インキュベーション機能を持つ次世代シェアオフィス」と位置付けており、起業や新事業創出の支援・促進に向けた機能を持たせた。具体的には、専門家によるオープンメンター制度や提携金融機関による支援などを活用できる施設とする方針。

同オフィスの立地はJR線辻堂駅から徒歩5分。最大3~4人を対象とした個室・半個室のオフィス計14室と、個人利用向けのフリーデスク約50席を備える。詳細は専用サイト(https://u-port-shonan.studio.site/)を参照のこと。

<出典:住宅新報>

2021年08月23日