型枠コンパネの生産履歴追跡 独自スキームを構築 地所レジ

三菱地所レジデンスは新築分譲マンションにおいて、持続可能性に配慮した木材の調達基準にある型枠コンクリートパネルを採用し、そのトレーサビリティの確保に向けた取り組みを強化する。21年12月下旬に竣工予定の「ザ・パークハウス駒沢レジデンス」(東京都世田谷区)から始め、30年度にはすべての物件で、型枠コンクリートパネルの木材のトレーサビリティ確保を実現する。  

建築に際してトレーサビリティを確保するには、木の伐採や供給といった流通時の各段階において、取引先の事業者が個別に認証を取得することが必要。同社は、森林から木材卸までは、FM認証(適切に管理されている森林を認証する制度)などの認証を取得した事業者と取引することでトレーサビリティを確保する。  

しかし、型枠材に関しては、認証を取得していない事業者が少なくないという。そこで型枠材の流通経路部分について、国際統括組織であるPEFCの承認を得た認証材を採用し、更に日本ガス機器検査協会の第三者証明を取得。認証が途切れてしまう部分をカバーしトレーサビリティを確保する独自スキームを、施工会社の大豊建設の協力を得て構築した。

<出典:住宅新報>

2020年10月12日