ドローン構造物点検サービスを強化 日立システムズ

日立システムズ(東京都品川区)は、ドローン(無人航空機)を活用して構造物の点検作業ができる「ドローン運用統合管理サービス」を強化する。ドローンによる複数枚の撮影画像を集約して構造物全体の画像データとすることで、AI(人工知能)技術と合わせ、ひびの長さや幅の自動計測や、さびを自動検出し、報告用の損傷図形式のレポートの作成を可能にした。  

従来の撮影画像一枚一枚から損傷個所を確認して手作業で行っていた損傷図の作成を効率化できる。

<出典:住宅新報>

2020年10月12日