オンライン受験のカンニングをAI検知 イー・コミュニケーションズ

資格・検定試験支援サービスのイー・コミュニケーションズ(東京都港区)は、受験中に録画された動画をAI(人工知能)が自動解析し、カンニングや替え玉受験などの不正を検知するオンライン試験不正監視サービス「RemoteTestingAIアナリスト」(リモートテスティングエーアイアナリスト)を2021年1月に正式リリースする。これに先立ち、利用の事前予約受付を2020年10月5日に開始した。  

同サービスの核となるAI解析エンジンはNTT東日本と共同開発した。不正な行動は、視線の方向、顔の傾き、人の替え玉、複数人の映り込み、音声などで判定する。疲れた時などの動作はAIが除外する。受験者の本人認証もAIで自動化するサービスも今後リリースする予定。

<出典:住宅新報>

2020年10月12日