アプリ・ウェブ開設で賃貸管理の「DX化」を加速  三好不動産

三好不動産(福岡市中央区)は2020年10月8日に「入居者アプリ」と「オーナーWeb」を開設した。賃貸管理・不動産流通のDX(デジタルトランスフォーメーション)化が注目される中で、顧客との情報共有の在り方や概念、業界常識を変革し、入居者やオーナーとの関係性や信頼性づくりを一層加速させる。単にITやデジタル化とは違う姿となる「つながるMiyoshi DX情報ハイウェイ」を目指していくという。  

これまで意識の弱かった「顧客情報管理」を強め、リピーターの獲得などを含めて入居者アプリを通じて賃貸管理会社の重要性を認知してもらう。また、原状回復工事や定期点検報告の連絡などを含め、オーナー向けウェブサイトを通じた事務処理のIT化によって、根源的に最も重要な「資産の相談業務」を向上させていく。

<出典:住宅新報>

2020年10月19日