東京都多摩市、市内の空き家活用での出店に上限100万円を一括支給

東京都多摩市は、市内の空き家物件に入居して事業を開始する事業者向けに「出店等促進支援金制度」を新設した。事業開始に要する費用のうち上限100万円を一括支給する。主な支給要件としては、1年を超える期間の事業継続が見込まれ、週5日以上の営業などを行うことや、出店等地域の商店会組織に加入すること、営業日1日につき1人以上の従業員が常駐することなどとする。商店会組織がない場合は、多摩商工会議所に入会する。

新型コロナウイルス感染拡大の社会情勢を受けた緊急経済対策として実施するとともに、市内を拠点とする企業と市内の中間人口、交流人口の増加につなげる。市が実施する創業・経営相談とも連携して展開する。出店等支援金の申請期間は2023年3月31日まで。

<出典:住宅新報>

2022年02月14日