NTT都市開発 関西初の多世代共生まちづくり

NTT都市開発は、関西初となる「つなぐTOWN」プロジェクトによる多世代共生まちづくりに着手した。西日本電信電話の旧あゆみ寮跡地(大阪府吹田市)における複合開発において、分譲マンション「ウエリス吹田千里丘」とサービス付き高齢者向け住宅「ウエリスオリーブ吹田千里丘」が竣工。北側敷地には、NTT西日本アセット・プランニングが開発を手掛けたスーパー、医療モールを配置し、利便性を高めた。  

「つなぐTOWNプロジェクト」は、首都圏を中心に5カ所展開してきた。マンションブランド「ウエリス」と、サービス付き高齢者向け住宅ブランド「ウエリスオリーブ」を組み合わせることで、分譲マンション購入者に将来の高齢化への備えや親との近居を可能にするなど、多世帯が安心して暮らせるコミュニティづくりを行ってきた。

<出典:住宅新報>

2021年01月12日