国交省 「データを活用したまちづくり」作成、取り組みヒントなど公開

国土交通省は、まちづくりに携わるあらゆる人を対象にした「データを活用したまちづくり~取組のヒントと事例~」を作成し、3月31日に公表した。急速に進展するデジタル化等を背景に、20年11月に設置した「データ駆動型社会に対応したまちづくりに関する勉強会」(座長:関本義秀東京大学空間情報科学研究センター教授)の議論を踏まえたもの。  

第1部では、準備段階での考え方やまちづくりの段階別の考え方、官民連携やデータ管理等の留意点を紹介。第2部では、「取り組み分野」別でのデータを活用したまちづくりの事例や、分析事例を紹介している。詳細は下記ホームページ(https://www.mlit.go.jp/toshi/city_plan/toshi_city_plan_tk_000072.html)を参照。

<出典:住宅新報>

2021年04月05日