森トラ、高級分譲「フォレセーヌ渋谷富ヶ谷」モデルルーム事前案内会

森トラストは、グループ会社・フォレセーヌを通じて東京・渋谷エリアで開発中の高級分譲マンション「フォレセーヌ渋谷富ヶ谷」(東京都渋谷区富ヶ谷一丁目、総戸数70戸、22年2月下旬竣工予定)のモデルルーム事前案内会を9月26日から開始する。

フォレセーヌ渋谷富ヶ谷は、富ヶ谷の高台に位置しており、松濤、神山町など都心の邸宅地に連なる山手通りの内側に位置する。東京メトロ千代田線・代々木公園駅から徒歩5分、小田急小田原線・代々木八幡駅から徒歩6分。第一種低層住居専用地域で敷地面積が5000平方メートル超という物件。設計は松田平田設計、戸田建設・東京支店が施工する。  

鉄筋コンクリート造で地上6階建て(建築基準法上は地下2階地上4階建て)、駐車場は屋内57台(機械式55台、平置2台、来客用含む)。住戸面積は72.49~195.87平方メートル、間取りは1LDK~4LDK。同社は「そして、歴史となる。」をコンセプトに、同社グループがこれまで手掛けてきた都市開発のノウハウを同分譲マンションに最大限に生かした。  

最新の技術を用いた防災性、エントランスから住戸までの動線上に4重のセキュリティラインを設定したオートロックシステムとハンズフリーキーシステムによるセキュリティ性、7基のエレベーターによるゾーニングの導入など高いプライバシー性を備え、コンシェルジュを配し、手厚いサービスを提供する。

<出典:住宅新報>

2020年09月28日