国連の金融原則評価に基づく借り入れを実施 いちご

不動産関連業の、いちご(東京都千代田区)は、国内不動産業で初という、国連が策定した金融原則に基づく「ポジティブ・インパクト金融原則適合型ESG/SDGs評価シンジケーション」により、三井住友銀行から借入限度額106億円のうち、33億円の借り入れを2020年9月30日に行った。  

同資金調達手法は、企業の事業活動が環境・社会・経済にもたらすインパクトを包括的に分析・評価し、サステナビリティ(持続可能性)経営の実現に向けた活動を継続的に支援することを目的とする融資。資金使途は限定されておらず、あらゆる使途に活用できる。

<出典:住宅新報>

2020年10月05日