遠隔でセッション参加、会話も「アバターマイス」 三井不ほか

三井不動産はこのほど、アバターを活用したビジネスイベント「avatar MICE(アバターマイス)」の実証を開始した。アバターの開発などを手掛けるavatarin(東京都中央区)との共同事業。第1弾として、室町三井ホール&カンファレンス(東京都中央区)で金融庁と日本経済新聞社が主催したBG2C FIN/SUM BB(8月24・25日)にて、実証を行った。

アバターマイスは、既存カンファレンス施設とアバターを組み合わせた新しいMICEの形。MICEは日本政府が積極的な誘致を目指している一方、「たくさんの人と情報が一堂に集まる行事」という性質上、新型コロナウイルスの影響によりリアルな通常開催が難しくなっている。同社はこうした現状を踏まえ、既存カンファレンス施設とアバターを組み合わせた「アバターマイス」の提供を通じて、MICEの発展に寄与する考えだ。

アバターマイスでは、avatarinが開発したアバタープラットフォームを利用。MICEへの参加者や視聴者は、自分の分身の役割を果たすコミュニケーションアバター「newme(ニューミー)」を自在に動かすことで、自宅など遠隔地にいながらセッションに参加したり会場内の人物と会話できたりする。

今後も両社は、日本橋三井ホールなど日本橋エリアの各種カンファレンス施設において、アバターマイスを導入する方針。イベント主催者がインフラとしてアバターを活用できる施設として整備し、リアルとデジタルが融合したコミュニケーションの形を提示していく、としている。

<出典:住宅新報>

2020年08月31日