物流施設内に本格スケートリンク、12月に開業 三井不動産

三井不動産は11月2日、物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク船橋」(千葉県船橋市)敷地内に誘致するスケートリンクの名称を「三井不動産アイスパーク船橋(MITSUI FUDOSAN ICE PARK FUNABASHI)」に決定した。12月13日にオープン予定で、近隣にて当社が運営する「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」とも連携してにぎわいを生み出し、船橋エリアの活性化を目指す。  

同施設は、国際スケート連盟基準準拠のAリンク(60メートル×30メートル)に加え、練習場としての機能を担うBリンク(24メートル×38メートル)の2面のリンクを独立して完備した民設・民営の通年営業のアイススケートリンク。また、来春からは、「MFフィギュアスケートアカデミー」を開校予定で、国際大会で活躍できる選手の育成を行うアスリートコースと、生涯スポーツとしての愛好者への技術向上や環境支援を目的とするライフコースの2コース構成で、初心者から選手まで幅広く対応する。  

同施設の周辺には、約2万平方メートルの緑地空間を整備予定で、街の交流拠点となることを目指す。また、船橋市の住民向けに無料開放、優待チケットの提供等を通じて、スポーツに取り組む環境を提供する。

<出典:住宅新報>

2020年11月17日