韓国・ソウルにホテル開業 海外初出店 大和ハウスリアルティマネ

大和ハウス工業グループの大和ハウスリアルティマネジメントは3月22日、韓国のソウル市に「ロイネットホテルソウル麻浦(マポ)」(地下2階地上24階建て、総客室数341室)を開業した。海外は初出店となる。

同ホテルは仁川国際空港からリムジンバスで約45分、仁川国際空港線孔徳駅から徒歩3分、地下鉄5号線麻浦駅から徒歩3分の場所に位置する。周辺エリアは近年開発が進み、高層ビルやマンションが建ち、学生街、繁華街としてのにぎわいも見せる。

客室の広さは23~77平方メートルで、ビジネスから観光利用のファミリー層まで幅広く対応する。宿泊料金はスタンダードダブル(23平方メートル)1室の場合で1万~2万5000円(消費税込み、日本からの予約時)。

<出典:住宅新報>

2022年03月28日