不動産クラウドファンディングの「本人確認」を電子化 大和財託

不動産投資コンサルティング業の大和財託(東京都渋谷区)は、運営する不動産投資型クラウドファンディング「みんなで資産運用」の本人確認を電子化する。TRUSTDOCK(東京都千代田区)と2020年11月18日に業務提携し、同社が提供しているe-KYC(本人確認)身分証アプリサービス「TRUSTDOCK」を活用し、本人確認を行う。  

大和財託は同サービスの導入により、本人確認用の管理画面の開発やオペレータの採用や教育、24時間体制でのシフト管理などの手間を省けるようになる。

<出典:住宅新報>

2020年11月30日