地所とクラスター、「バーチャル丸の内」を構築

三菱地所とクラスターは、丸の内をバーチャル上に再現した配信プラットフォーム「バーチャル丸の内」を構築する。クラスターが提供するアプリケーション「cluster」上で2月21日より公開を開始。公開初日には、オープニングイベントとして「よしもと有楽町シアター」と共同で「バーチャル丸の内フェス」をリアルとバーチャルの両方で開催予定だ。  

コロナ禍で実際にまちを訪れることができなくても、丸の内を身近に感じる仕組みや空間を作ることで、新しいまちのあり方を提案・検証していくことを企図した。「バーチャル丸の内」では、丸の内ビル1階のイベントスペース「マルキューブ」を再現して映像配信が可能なイベントステージを設置し、イベント・カンファレンス等のライブ配信が行える。

<出典:住宅新報>

2021年02月01日