貸別荘収益向上で運営代行サービス提供開始 鵜山リゾート

貸別荘運営の鵜山リゾート(東京都渋谷区)は、別荘の収益化の向上に、運営代行するサービス「ベソカシ」を貸別荘所有者向けとして、2021年1月21日に提供を開始した。  

コロナ禍でワーケーションなどのニーズが高まるが、感染対策により集客が難しいといった状況を支援する。貸別荘所有者は、自身や自社などが使い時には泊まれ、そのほかの期間は貸宿泊施設として活用する。認可申請手続きや費用は同社が負担する。清掃など維持管理も担う。現在、同社は千葉県を中心に、関東近郊で33カ所の貸別荘と3カ所のグランピング場を経営している。

<出典:住宅新報>

2021年02月01日