暗号資産対応の海外投資家向け物件サイト開設 マーチャント・BK

国内外の企業や不動産や投資するマーチャント・バンカーズ(東京都千代田区)の子会社のMBKブロックチェーン(同住所)と、Interakt(東京都渋谷区)は、不動産取引プラットフォーム「MBK Realty」を共同開発し、2021年3月1日にリリースした。  

中国や香港を中心としたアジアの投資家をメインターゲットとして、日本国内の投資用不動産情報を提供する。また、時間や手間の掛かる従来の海外送金方法に替えて、暗号資産(仮想通貨)を活用できる迅速な決済も可能にした。当初は10物件の情報を提供し、今後は、物件所有者や不動産仲介業者から売却希望物件の情報を募り、掲載物件情報を拡充していく。

<出典:住宅新報>

2021年03月15日