スマートシティ支援で都市シミュレーター開発 KDDI・三井物産

KDDI(東京都千代田区)と三井物産(東京都千代田区)は、位置情報とAI(人工知能)で都市計画を支援する「次世代型都市シミュレーター」を共同開発する。都市状況を精緻に可視化して将来予測をシミュレーションし、スマートシティの開発を支援する。新しい通信規格5Gや金融、次世代の移動手法MaaS、エネルギー・インフラなどで新たな事業の創出を目指すという。2021年3月中に同シミュレーターの有効性を実証し、2021年度中の事業化を目指している。  

位置情報やビッグデータを活用して精緻で迅速に都市の状況を把握できる手法を確立する。AIによって、一人ひとりの移動を予測して地図に表示し、都市内の人の動きそのものをモデル化する。パーソントリップ調査などの従来手法で数カ月掛かっていた分析予測をわずか数分で実現させる。これにより需要の予測や施設の混雑予測をリアルタイムにシミュレーションできる。

<出典:住宅新報>

2021年03月29日